新型クラウンを新旧比較

エクステリア、インテリの紹介に続き、今度は新旧クラウンを比較します。

価格

f:id:rivergarden:20180818153821p:plain

先代クラウンでは、ラクジュアリー指向の「ロイヤル」、スポーツ指向の「アスリート」、トップモデルの「マジェスタ」がラインナップされていました。

新型クラウンでは、これらのサブネームが、「G」「RS」「S」の3グレード+ベースグレードの「B」へと統合再編されています。

諸元 [2.0L RS Advance VS 2.0L アスリートGT]

新旧ともに2.0Lダウンサイジングターボを搭載した新型RS Adobannceと先代アスリートG-Tを比較していきます

サイズ 

f:id:rivergarden:20180819203805p:plain

パワートレイン 

f:id:rivergarden:20180819215946p:plain

安全装備 

f:id:rivergarden:20180819203041p:plain

先代クラウンの画像はトヨタグローバルニュースルームからお借りしました。エクステリア [RS Advance VS アスリートGT]

https://newsroom.toyota.co.jp/

新型クラウン:左(上)/ 先代クラウン:右(下)

f:id:rivergarden:20180816161319j:plain

RSは流れるウィンカー、18インチホイール

f:id:rivergarden:20180816161532j:plain

シックスライトキャビンにより流れるようなクーペスタイルへ

f:id:rivergarden:20180816161902j:plainf:id:rivergarden:20180816162235j:plain

ハイブリッド車にも関わらずエキゾーストテールパイプが左右2本出し ♪

f:id:rivergarden:20180816162055j:plainf:id:rivergarden:20180816162121j:plain

3眼 LEDヘッドランプへ

インテリア [3.5 G-Executive VS アスリート+マジェスタ]

新型クラウン:左(上)/ 先代クラウン:右(下)

コックピット

f:id:rivergarden:20180816164501j:plainf:id:rivergarden:20180816164532j:plain

ヘッドアップディスプレイ、後方運転支援が充実

f:id:rivergarden:20180816163007j:plainf:id:rivergarden:20180816162538j:plain

スイッチ類の配置が大幅に変更

f:id:rivergarden:20180816184545j:plain

メーターは液晶表示となりましたが、メタルリングが装着されており高級感があります

f:id:rivergarden:20180816190635j:plain

左はマルチインフォメーションスイッチ
右にレーダークルーズイッチ。。今後はこの配置がスタンダードに!

f:id:rivergarden:20180816190705j:plain

レーダークルーズ操作がボタン式になりました。私は街中でも使うのですが、レバー式は操作し辛いです。。ボタン操作は非常に扱い易いと思います。

センターコンソール/オーナメント

 f:id:rivergarden:20180816170311j:plain

地図モニタを上部にずらすことで、運転中の目線の移動が少なくなりました。

f:id:rivergarden:20180816164844j:plain

オーナメント

f:id:rivergarden:20180816192408j:plainf:id:rivergarden:20180816192035j:plain

質感が向上してます♪

f:id:rivergarden:20180816193023j:plain 

最上位グレードというのもありますが、高級感があります!

新型クラウンのインテリアは?

3.5 G-Executive ハイブリッドインテリアを紹介します

まずは全体を!

ゴージャスです♪
レクサスともメルセデスとも異なる、日本らしい質素な高級感があります。
品質・質感ともに高いです。。。これぞ「クラウン」です!

コックピット

握りやすく、フィット感があります。サラサラなのも良いですね。
ワクワクしてきます♪ 

右はクルーズコントロールのスイッチです
カムリに採用された配置。。これまでのレバー式から大きく変わっています。
これは良いですよね。。レバー操作は面倒に感じていました。
使用頻度が高まっている機能ですから、スイッチ化して操作性を高めるのは理にかなった判断に思います。
メータパネルの表示切り替えは下の「MODE」スイッチで行うのかな

こちらのスイッチ類もシンプルにすっきりとまとまり、高級感があります。

メーターに物理リングが装着され立体的です。

やさしい感触のシートです。しっかり体を支えつつ体を包み込んでくれます。
用もないのについ座ってしまい、いつの間にかエンジンをかけ、ドライブに出てしまうようなそんな誘惑を持った椅子です。
ベンチレーション付き、空気を吸い込むタイプのようです。

センターコンソール&スイッチ

ダブルディスプレイ
上はナビゲーション、下はオペレーションのためのディスプレイ
オペレーション中も地図が表示さるのは良いですよね。
ディスプレイはこの他にメータのマルチインフォメーションディスプレイとヘッドアップディスプレイがあります。
ちょっと情報量が多すぎな気もしますが、私は結構好きです(^^) 

液晶タイプのバックミラー
高精細で見やすいです。

オーナメントパネル

質感高いです♪
G-Executiveは本杢調、RSはカーボン調になります。

過飾を抑えた丁寧な作りです。本杢調とベージュのレザーのコントラストが良いですよね。

昇降式のドリンクホルダー

収納

グローブボックス。。。大き目で、収納性は高いですね。

センターコンソールボックス、かなりの収納ができます

後部座席

やさしい感触のシート、体のラインにフィットするコンフォートデザインです。
座った瞬間に熟睡してしまいますね (笑)

ふんだんに本革が使われています。
包まれ感が高いです♪

リヤセンターアームレストのコンソール。。。カッコイイです♪
シートリクライニング、シートヒータ、エアコンの操作の他、オーディオ操作も可能です。

ラゲッジ

デザイン重視でリヤを絞っていてトランクスペースは厳しいはずですが、パワー式を廃し手動とすることで、スペースを確保しています。

しっかりとキャディーバッグは4個積めます!



新型クラウンを見てきました! エクステリア編

こんにちは、この夏は本当に暑いですね!!

通りがかりのディーラーさんに展示された新型クラウン、
黒く艶やかな展示車の涼感に誘われ、ついついお邪魔してしまいました(^_-)-☆

新型クラウン 3.5 G-Executive ハイブリッド  価格は718万円 ♪

見せていただいたのは、6月26日に発売されました新型、1955年に登場した初代から数えて15代目にあたります。

パワートレインは、3.5L V6エンジンの ハイブリッドシステム、カラーはブラックです!

諸元

f:id:rivergarden:20180819203805p:plain

f:id:rivergarden:20180819215946p:plain

フロント 

さてさて、それでは新型クラウンのエクステリアです。

フロントグリルがは非常にシンプルなデザインにまとめられています。

大きなグリルはエッジを絞り、曲線の組み合わせによる優雅さを感じます。

先代とは異なる造形ですが、面長のボンネットは、一目見て「クラウン」と分かります。

リア 

リアデザインカッコイイです♪

Cピラーを広くしてトランクを短くし、さらにリアウインドウを寝かせることでクーペ風に仕上げていますね。

ハッチバックではなく、トランクなのでセダンのカテゴリでしょうか。

サイド 

シックスライトキャビンですね

クーペのような伸びやかさがあります!

ホイール 

最上位グレードG-Executiveのホイール、サイズは225/45R18です

ノイズリダクションアルミホイール。。。特殊な構造により静寂性を向上させているそうです ♪

価格 

 

おまけ画像

2.5L RS Advance 価格は578万円

パワートレインは、2.5L 直4エンジンの ハイブリッドシステム、カラーはダークブルーマイカです!

グリルがメッシュパターンです

バンパーにメッキモールを施されています

RS専用仕様のホイール

サイドスカートにメッキモールが施されています

シーケンシャルランプ(前後)はRSのグレードのみに設定です

リアスポイラーにもメッキモールが施されていますね

ハイブリッド車にも関わらずエキゾーストテールパイプが4本出し ♪

それと画像からはわかりませんが、リアバンパーがメッシュパターンです

BMW X2 に乗りました!  試乗編

X2 xDrive20i M Sport X の試乗レポートです。

BMW X2の諸元

 パワートレイン。。同クラスSUVのX1も掲載します

f:id:rivergarden:20180818153150p:plain

f:id:rivergarden:20180818153314p:plain

試乗開始

スタートスイッチを押してエンジン起動。。。

「あれれっエンジンかかっているの?」と思わずディーラーの方に聞いてしまいました。

返事は「ご安心下し、エンジン動いてますよ」(^^)

いや~静かです。言われれば確かに微弱な振動が伝わってきます。

それでは出発 ♪

フルスロットルで加速

ディーラーを出て試乗コースの4車線道路へ ♪

出た瞬間。。一気にアクセルをベタ踏み(^_-)-☆

ターボ特有の一瞬のタイムラグのあと、ターボの2段ロケット的加速感!
滑らかな「ブーン」というエンジン音とともに一気に加速!

高速域ではアクセルを踏んだだけ伸びていく感じ。。!!

因みに、自動追従は30kmから全速度域でオンが可能、使い勝手が良いです。点もうれしいですね♪

ブレーキ&ハンドリング

グングンと加速、XXXkmで軽く速度調整、僅かな減速。。タッチ良いです ♪

そしてコーナーリング直前でXXXkmから一気に減速。。リニアなブレーキフィーリング、好きです ♪

そしてコーナリング、小回りに一気にターン。。。アンダーステアなし、地面にガッチリグリップ ♪

そこから急加速。。ディーラーのご担当者さん驚かせてごめんなさいm(_ _)m

BMWのブレーキングとハンドリングですね!

遮蔽音と乗り心地

ロードノイズもエンジン音も風切り音も 、ほぼ無し! 

あまりに静かなので、加速感は薄いような気がします。個人の好みとしてはもう少しエンジン音がほしいかな。。

それにしても静かです。高級車に乗ってる感があります。静寂性が高い、流石世界戦略車です ♪ 

 

BMW X2 インテリアは?

X2 xDrive20i M Sport X のインテリアを紹介します

まずは全体を!

シンプルで洗礼されたインテリア
見てください!  ダイレクトにセンターコンソール流れ込むオーナメントパネル
質感が素晴らしい!!

ナビ画面に向け逆三角に立ち上がるセンターコンソール!
横に流れるオーナメントパネル!
見事に調和。。。秀逸なデザインです ♪

助手席から眺めたコックピットが最高です
座っていたい、眺めていたい、楽しくドライブしたい。。。💕

コックピット 

ステアリングは小さめ、革がさらさらで、手触りが良いです
好みは人によるけど、スポーティな車にはこのサイズが合っていますよね
自分の手の中に収まり、軽快さと車の動きを掌握する感覚が良いです

液晶のメーターですが、物理リングが装着され立体的です。

シート素材はアルカンターラ
本革も良いですが、スポーティ感があり、夏には蒸れないのが良いですね

オットマンを装備。。長距離がホント楽💕
このクラスで装備されているのは嬉しくなります

オルガン式ペダル。。。ほんと良いのですよね~
X3は金属性です

センターコンソール&スイッチ

BMWのコンソール! 
ブラックレザーとアルミオーナメントとピアノ調のコンソール
見事なデザイン力です

続きを読む

BMW X2 カラーはシャンパンゴールド!

エクステリア その2
低くてワイルドなクーペスタイル 

「ガルパニック・ゴールド」のX2💕
間近で見ることを、強くお勧めします!!

東京駅のBMW Group Studioに展示されています。
美味しいコーヒーもありますよ(^^)

こちらはエクステリアの諸元と価格
参考までにX1も掲載します

f:id:rivergarden:20180818152958p:plain


兄弟車X1と比較し

X2の特長は、ワイド&ロー&スポーティです!
さらに。。。戦略的な価格!!
今回の写真は X2 xDrive20i M Sport Xになります。
凄くコンパクト、そしてスポーティな感じを受けます。

リアです💕

フロントグリル。。。グッときますね~♪
これぞBMW

 

リアデザインって、自分で見えないだけに、気になるのですよね。。。
バランスが絶妙です!

 

BMWらしい飽きが来ないトラッドスタイルの中に最新のテクノロジー(^_-)-☆
エレガントな輝きは注目度が高そう!

 

続きを読む

 BMW 世界戦略車 New X2! エクステリアを紹介

エクステリア その1
スタイリッシュな都会派デザイン

スポーティーで躍動感あふれるデザイン
美しく都会的なクーペライン

これまでにない力強く個性的なスタイル

BMWのキャッチコピー。。。

現物を見るまでは。。。?でしたが

実物はカタログで見るより、はるかにカッコイイ!!

BMW X2 xDrive20i M Sport X

 

エクステリア

ヌメッとしたボディラインとクッキリとしたアイライン、好みです💕
これから多くの男性のハートをわしずかみにするのでしょう(笑)

でも不思議です・・・なぜか訪れるのは女性ばかり。。。
これって何ですかね!! 

 

ちょっとポチャリ感があるも引き締まったヒップラインに

左右一本だしのマフラーは中性的

私好みです(^_-)-☆

 

セダンか?
と思わせるスマートなフロントマスク
都会派 SUV。。。

聞き慣れない言葉で、SACというらしい!
スポーツ・アクティビティ・クーペです!!
 
コンパクトです。
機械式駐車場に駐車可能

 

続きを読む